ウエディング・クラッシャーズ (2005)

『ウェディング・クラッシャーズ』(Wedding Crashers)は、2005年制作のデヴィッド・ドブキン監督のロマンティック・コメディ。キャスト:オーエン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、クリストファー・ウォーケン、レイチェル・マクアダムス、アイラ・フィシャー、ブラッドリー・クーパー

ウエディング・クラッシャーズ (2005)予告

ウエディング・クラッシャーズ (2005)のあらすじ

ジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォーン)は、毎年ウェディングシーズンになると、他人の結婚式に親族になりすまして乱入し、出席者の若い女性を軟派しワンナイトラブを楽しむ「ウェディング・クラッシャーズ」だった。

ある日二人は、財務長官ウィリアム(クリストファー・ウォーケン)の娘の挙式に侵入し、いつもの手で女性を口説こうとする。しかしジョンは婚約者のいる次女クレア(レイチェル・マクアダムス)を本気で好きになってしまう。一方ジェレミーは、三女グロリア(アイラ・フィッシャー)を遊びのつもり抱いたが、「初体験だった」と告白され彼女に付きまとわれてしまう。

本気で恋に落ちたジョンをジェレミーは諫めるが、見ず知らずの自分たちを受け入れてくれるウィリアム一家と接するうちに、2人は次第に今までの軟派な人生に疑問を持ち始める。

  • コメント: 0

関連記事

  1. そんな彼なら捨てちゃえば? (2009)

  2. バレンタインデー (2009)

  3. 私が幸せになる恋のルール (2002)

  4. 世界にひとつのプレイブック (2012)

  5. ウルトラ I LOVE YOU! (2009)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。