ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009)

全米で大ヒットし、ゴールデングローブ賞作品賞に輝いたコメディ。花ムコの結婚前夜を祝うため、ラスベガスのホテルを訪れた男たちが悪酔いした挙句、珍騒動を巻き起こす。監督:トッド・フィリップス、キャスト:ブラッドリー・クーパー、 エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ジャスティン・バーサ、 ヘザー・グラハム

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009)予告

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009)のあらすじ

2日後に結婚を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)と、彼の親友の教師フィル(ブラッドリー・クーパー)と歯科医スチュ( エド・ヘルムズ)、そして義弟となるアラン(ザック・ガリフィアナキス)の4人は、バチェラー・パーティーを企画し、義父のベンツに乗ってラスベガスへ向かう。ホテルではフィルとスチュが手持ちのお金を持って最高級のスイートを取り、4人は立ち入り禁止の屋上へ出て酒を飲み交わし友情を確かめ合う。

翌朝、スチュ、フィル、アランの3人は酷い二日酔い(ハングオーバー)の状態で目覚める。借りたスイートルームは、荒れ果てており、浴室にはなぜかトラがいて、見知らぬ赤ちゃんまでいた。主役のダグはおらず、さらにスチュは上の前歯が無くなっていたが、3人は共に前夜の記憶はない。いないダグを捜すため、3人はそれぞれのポケットの中身をヒントに前夜の出来事を調べ始める。

ひとまずポケットにあった病院の腕章を元に病院に向かおうとした3人だったがホテルに預けたベンツはパトカーに変わっていた。病院では3人からレイプに使われるドラッグが検出されたことを教えられ、ますます謎が深くなる。さらにスチュは前夜に結婚したことになっており、相手のジェイドのアパートを訪ねると謎の赤ちゃんの母親だったことが判明する。そこに警察が踏み込み、3人はパトカー泥棒として捕まってしまうが、警察署見学の子供たちにスタンガンで撃たれることを条件に保釈され、ベンツを取り戻す。ベンツのトランクからは全裸のアジア人が飛び出し、めった打ちに遭う。謎が一部解決しつつ、新たな謎も広がる中、ダグは見つからず、手掛かりもなく、3人は一度ホテルに戻る。

ホテルに戻るとマイク・タイソンがおり、トラはタイソン邸からフィルらが盗んだものだと判明する。タイソンは、屋敷に返すよう言い、3人はベンツがボロボロになりながらも暴れるトラを何とかタイソン邸へ連れていく。その帰りに昼間のアジア人レスリー・チャウが率いるギャング団に襲われ、チャウは昨夜カジノでフィルたちが間違えて持ち帰ったカバンに8万ドルの現金があったこと、ダグの身柄を預かっていることを明かし、彼を返して欲しければ8万ドルを渡すように脅迫する。そんなカバンは見つからず、途方に暮れる3人であったが、アランは特異な才能を発揮して、カードカウンティングによってブラックジャックで8万ドルを稼ぐ。

結婚式当日。3人は、8万ドルを持ってチャウからダグを取り返すが同名の別人(黒いダグ)であり、アランにドラッグを売った売人であった。結婚式まであと5時間、ダグの手掛かりを完全に失った3人は途方に暮れる。しかし、そこでスチュは、ダグのいそうな場所に気づく。

ホテルに戻った3人が急いで屋上に向かうと、日焼けし脱水症状を起こしかけているダグがいた。3人はベッドで寝ているダグを屋上に運ぶ悪戯をしたのだが、彼はそのまま屋上に置き去りにされロックアウトされていたのだった。4人は車内で正装しながら急いでカリフォルニアへと戻り、ギリギリ結婚式に間に合う。

式が一段落し、くつろぐ4人はあの夜の出来事を収めたカメラを発見し、自分たちがどんなバカ騒ぎをやったのかを知る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008)

  2. 恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜 (2006)

  3. ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える (2011)

  4. ハングオーバー!!! 最後の反省会 (2013)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。