運び屋 (2018)

巨匠クリント・イーストウッドが、麻薬カルテルの運び屋である90歳の老人を演じ、人間ドラマ。なぜ、たったひとりで10年もの間、麻薬カルテルの運び屋をしていたのか、驚きの事実が明らかになる。麻薬カルテルのボスをアンディ・ガルシア、麻薬取締局の捜査官をブラッドリー・クーパーが演じる。

運び屋 (2018)のあらすじ

孤独な90歳の老人アール(クリント・イーストウッド)は、商売に失敗し、自宅も差し押さえられそうになった時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。簡単な仕事ならと引き受けたものの、それはメキシコの麻薬カルテルの“運び屋”という危険な仕事で、アールはそうとは知らずに仕事を始める。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ケース39 (2009)

  2. リミットレス (2011)

  3. ザ・ワーズ 盗まれた人生 (2012)

  4. セリーナ 炎の女 (2014)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。