セリーナ 炎の女 (2014)

オスカー監督スサンネ・ビアが「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス&ブラッドリー・クーパーと組んだ時代ドラマ。製材所を営むジョージは孤独なセリーナと結婚。あることから二人の絆に亀裂が入り、セリーナの愛が狂気に変わっていく。ロン・ラッシュの小説をもとに、強い愛とその暴走を描写。絶対的な愛を求めるセリーナをジェニファー・ローレンスが、野心家のジョージをブラッドリー・クーパーが演じる。

セリーナ 炎の女 (2014)のあらすじ

1929年、アメリカ・ノースカロライナ。グレート・スモーキー山脈の山々に囲まれた地で、ジョージ・ペンバートン(ブラッドリー・クーパー)は多くの従業員が働く製材所を営んでいた。ある日、火事で家族を失ったセリーナ(ジェニファー・ローレンス)に一目惚れした彼は、すぐさまプロポーズ。二人は誰も入り込めないほど濃密に愛し合っていく。揺るぎない絆で結ばれたかに思われたが、隠されたジョージの過去や自らの運命に直面したセリーナは、その強い愛情はすべてを破壊する狂気に姿を変えていく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. リミットレス (2011)

  2. ケース39 (2009)

  3. 運び屋 (2018)

  4. ザ・ワーズ 盗まれた人生 (2012)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。